猫のしっぽ

食べる・お出かけ・趣味、主婦の日々を書いてまーす♪
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

夢枕に立つ

今朝がた、夢枕に立つ っという現象の夢を見た。

夢の内容は ・・・

旅行に来ていて、複数の中に私がいて、
その中に職場の人1人(Bさん)と私は一緒にいる。

Bさんが駅の改札にいる駅員さんと話をしている。
私はその駅員さんの斜め後ろに立っていて、
ふと気が付くと、その駅員さんは、

今の会社に入って最初の上司だった(Aさん)

Aさんは既に亡くなっている。

Aさんに気が付いた私は、Aさんに話しかけている。
Aさんは定年退職後、駅員をやっていると夢の中で思った。

久しぶりに会う人と会話をしているような感じだった。
その後、電車の時間があるので、改札を通り抜けた。


なんなんだ、この夢は ・・・
・職場では、明日から、外部から私の職場の上司候補が入ってくる。
入社以来、7番目の上司になる人だ。

このタイミングで、この夢はなに?
Aさんは私に何か言いたかったのかな?
Aさんが生前、上司だったころ、私は新米で、そんなに接触のある人ではなかったし、
厳格な人だったので、近づきにくい人だった。


*ネット調べによると、
夢枕に立つ夢を見た時は、その内容をはっきり覚えているのだそうだ。
うん、確かにそう。 (--)


スポンサーサイト
【 2016/10/02 (Sun) 】 日記 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する