続:リスクアセスメント

桜が満開だ~、満開の桜を見るのは気分がいい♪

ところで、この間、会社の安全靴を履いてきてしまったことから、
安全靴の話から~
最近、機械を扱う時に目を保護する眼鏡をかけることになったことを旦那に話した。


私は、鬱陶しい、暑い、視界が狭くなるとかブーブー言ってしまうタイプなんだけど、
旦那は ・・

・面倒くさい、やりにくいは別問題で、身を守ることが第一!っと言う。

別問題か。。

言われてみたらそうだ。
大きな事故が起これば、会社がその人の面倒をみなければいけない。
その人の上司も責任者も皆、心に重く残る傷となる。
本人が一番、苦しい思いをして生きていかなければいけない。

私も実は労災をやっている。
左指骨折と、手の甲が大きく切れた。
あの頃、怪我をして初めて医者で、包帯をとって、
自分の傷を見て、情けなくて、帰りに泣けてきた。
おかげさまで、普通に手・指は動く。
その時の上司が退職する際に、送別会で、私のあの時の怪我が心残りだと言った。


話は変わり、旦那が、言うに ・・・
・こんな事故が起こった。
作業着に着いた粉をエアーで吹き飛ばそうとして、
悪ふざけの度が過ぎて、人のお尻の穴にエアーを向けたら、
服の上から、穴にはまり、腸にエアーが入り込み、
腸が破裂して亡くなった人がいるそう。

旦那の会社ではないけど、それ以来、
「エアーは人には吹かない!」という貼り紙がエアーのところに貼ってあるそうだ。

仕事場の道具で悪ふざけは危険だ。

あまり、そういう話は夫婦間ではしないけど、
話をしていて、

これ、嫌だー、やりにくいー、面倒だーは、
言わないようにしようと思った。


人間は五体満足で生まれてきたら、死ぬまで五体満足でいたい。


スポンサーサイト
[ 2017/04/10 ] 日記 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する