猫のしっぽ

食べる・お出かけ・趣味、主婦の日々を書いてまーす♪
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

あきれてしまったこと

今まで一緒にいた友達と、職場でヒートアップ。
人のいるところで、それはしない方がよかったね。

その人がね、私がその人をバカにしてたって言うのよね。
何をバカにしたって言うの?と聞いたら、
いっぱい、ありすぎて言えない、だって ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!

そうやって、いつも人を悪者にする人。
自分に反省がないから、いつも相手が悪い。
私を悪者にするのに色々とその理由を考えたんだろうね。

その人には「してあげた、助けてあげてきた」はいっぱいあって、
それまでは私に甘えていたのに、
こういう状態になって、それをバカにしていたと言うんだ?


あきれた (◔ω◔)


結論、離れてよかった。
やっぱり、こういう人だった。


もうね、なんとも思わない人だから、何を言われてもなんとも思わないし、
言ってきても言い返す自信はある。

全然平気。

声をあらげて乱暴な言葉で、相手をびびらせるのが、その人のやり方。
すっと一緒にいたから、わかってるよ。

それに悪いけど、私以外の人たちは後輩にあたるから、やりやすかっただろうけど、
一応、先輩にあたる私を侮辱した。
その人も私にとっては後輩という立場だからね。
よくそんな口がきけたね。


ただ、仲が良かった時は、「してあげた」「助けてあげた」とは、思っていなかった。
いいところもいっぱい、あって助けてもくれたから。
その人はワインが好きだから、退職するときはワインを贈るつもりだった。

そう、バカにはしていないけど、自分がバカだった。


バカにしてたと言うんだから、もうその人にだけは何もしてあげません。
今は手、痛くないものね。
なんでもできるものね。



スポンサーサイト
【 2017/07/15 (Sat) 】 日記 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する